自分のクマはどのタイプ?

クマが出来てしまう原因は様々となります。原因を知っておくことで、自分のクマはどのタイプなのかを把握することができるでしょう。理解を深めて、目のクマを改善させましょう。

クマが出来てしまう原因

加齢によるもの

加齢によってクマが発生するようなケースがあります。目の周りの皮膚が老化すると、皮膚がたるんでしまうことが多くなります。たるんだ涙袋が膨らむことによって、下に影ができるようになるのです。これが目のクマの原因となっています。

シミによるもの

目の周りの皮膚は非常に薄くて繊細です。そのため紫外線の影響を受けることも多くあります。紫外線の影響によりシミができると、目の下のクマとなってしまうのです。そのため美容外科などでレーザーによる治療などを行うと解消することができると言えます。

血行不良によるもの

血行不良になると、目の周りに血液が溜まりやすくなってしまうものです。そのため目の周りの血管が透けて見えるようになります。皮膚が薄い事によって生まれつき血管が透けて見えていると言うようなケースもあります。

こすり過ぎ

皮膚を強くこする事によって、色素が沈着してしまうことがあります。目の周りの皮膚は刺激に弱いため、間違った洗顔方法やメイクの方法によって皮膚が刺激を受け、メラニン色素が発生してしまうことがあるのです。そうして目のクマが出来てしまうことがあります。

病気である場合も

クマが発生してしまう原因としては、なにかしらの病気が隠されているような場合もあります。例えば鉄欠乏性貧血であるような場合、血行が悪くなるために目の下にクマが発生するようなことがあるのです。目のクマと合わせて体の不調が発生しているような場合は、医療機関で受診してみましょう。

そばかす治療を始めよう♪
肌トラブルを解決して-10歳肌!聖心美容クリニックの評判をリサーチ☆
目の下のクマで悩んでいるなら注目!肌の悩みは大阪の美容皮膚科に即相談☆
優良クリニックの特徴をリサーチ☆

クマの種類

レディ

クマにはいくつか種類がある

私たちの悩みの種となっている目のクマ問題ですが、クマの種類はいくつか存在しています。クマの種類によって原因や改善方法が異なってきますので、よく確認するようにしましょう。

黒クマ

黒クマは涙袋が膨らむことによって、その下に影が出来ることで出来てしまうものです。涙袋を指で押したときに、黒いクマが消えるようでしたら「黒クマ」のタイプであると言えるでしょう。さらに顔にむくみが発生することによって、黒クマがはっきりしてしまうこともあります。

茶クマ

目のクマの色味が茶色っぽいのが特徴となるのが茶クマです。茶クマの場合は目の周りが全体的に茶色っぽくなってしまうこともあります。茶クマは影によってできるようなタイプのクマではありません。明るい場所で目のクマを確認してみても、色味が変わらなければ「茶クマ」であると言えるでしょう。

青クマ

青クマは目のクマが青みがかっているものを指します。青クマの場合は、下瞼を少し下に引っ張た時に色味が少しだけ薄くなることが特徴となっています。目の周囲の血管が見えるような状態となっているため、青く見えています。

広告募集中